ベンチャーでのインターン「メリットデメリット」


 
スタートアップやベンチャーでインターンをする意味は何か?給料だけならば正直な話「塾の講師」や「家庭教師」などと変わらない、もしくはそちらの方が高い場合もあります。ではなぜインターンをおすすめするのか?ネットベンチャーでのインターンで得られる価値について書いてみようと思います。

 

戦力として仕事に携われる

アルバイトなどとは違い、小さなベンチャーやスタートアップではインターンも一人の「戦力」として期待されます。単なるサポート業務だけでなく、自分が直接的に業務に関わることができ、会社の業績や成長に寄与することができます。自分の力で会社を大きくすることがインターンではできることができます。
 
足りない能力や技術について周囲がサポートしてくる環境は大きな企業よりも不整備だと思いますが、自ら自発的に成長する環境ではあると思います。成長意欲があり、自発的に動ける人はインターンに向いていると言えるでしょう。逆に指示待ちであったり、受動的なタイプの人は苦労するかもしれません。

 

社長や経営陣と一緒に働くことができる

会社が小さいということもありますが、前述の通り、インターンも一人の戦力としてみなされます。なので、社長直下の新規事業や取締役直下のメイン事業など会社として重要なプロジェクトに経営者と一緒に携われることができます。これは大きな会社では体験できないことです。
 
起業家は最初は未熟でもスゴいスピードで成長するものです。どんどん成長し、大きな人物になっていく起業家と一緒に近くで働くことは自分の成長にもなりますし、なにより刺激的です。もし起業志望の学生だったらまず最初にスタートアップでインターンをしてみるといいかもしれません。スタートアップ起業家の多くがインターン経験者だったりします。

 

ベンチャーならではのデメリットも当然あります

ベンチャー企業は勢いは大手に負けないものがありますし、一人あたりの裁量も大きいのが特徴です。しかし良いことばかりではありません。
 
オフィス環境や福利厚生、教育制度などは大手企業やメガベンチャーと比べるとどうしても劣る部分があります。また「デザインだけ」「営業だけ」など自分の得意な分野だけの仕事をすればいいわけでなく、必要ならば何でもやらないといけないのがベンチャーです。また給与面もそこまで高い水準じゃない場合もあります。これらはベンチャーによって異なるので一概には言えませんが、総じてサバイバルな状況です。成長意欲があり、サバイバル能力がある人はぜひインターンを!

 
photo credit: British Council Russia The final phase of the EUNIC 2016 (internship programme for young Russian curators) / Финальный этап программы EUNIC 2016 для молодых кураторов России via photopin (license)